スポンサードリンク

脱毛 悩み 植毛

自毛植毛
自分自身の毛髪を脱毛箇所に移植する美容外科手術である。
自分自身の組織を移植するため、免疫拒絶反応が起こらない安全性の高い手術である。

また本物の生きた毛髪であるため、日々成長し続け、抜けてもまた生えかわり、
一度手術をした後はメンテナンスは不要である。

男性型脱毛症では、脱毛を起こすのは頭頂部と前頭部であり、
後頭部の毛髪は生涯脱毛を起こすことは少ない。

この毛根の性質は遺伝子的に決まっているものであるため、
人体の他の場所に移植しても変わることがなく、毛を生やし続ける。
この性質を利用して、後頭部の毛髪を、毛根と周囲の皮膚ごと脱毛箇所に移植すると、
移植した毛髪は生涯毛を生やし続ける。これが自毛移植手術である。

人工毛移植手術
頭皮に人工毛を挿入する美容外科手術である。移植本数に制限がなく、
全はげでも施術可能という利点はあるが、人体に異物を挿入する手術であるため、
免疫拒絶反応により頭皮が炎症を起こすことがある。
また、当然ながら人工毛は成長せず、生えかわることもないので、
抜け落ちてしまえば再手術が必要である。副作用が多く報告されているので
現在では推進度Dとされている。


posted by スカルプA | Comment(0) | 髪の毛悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
髪の毛 悩み解決
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。